仏の春さんベトナム日記…1か月5万円で暮らす

帰国前の挨拶

posted :
直径35mの蓮華座の上に立つ、高さ67mの白い巨大な観音像。ダナン市街地の西北ソンチャ半島にあるソンウン寺です。オートバイで走っていると、いつでも目に入ります。名所旧跡の観光はパスする事がほとんどの自分ですが、今回は、ダナンのパワースポットでもある当所には必ず訪れようと決めていました。大過なく過ごせたダナンでの生活も残り少なくなったことだし、お礼の気持ちを持って、日曜日の午後行ってきました。アパートからゆっくり走って25分で到着、広大な敷地内には、この観音像や本堂をはじめとするいろんな仏教関係の建物がある、とても良いお寺でした。  本堂の中にある仏様の前で、ここダナンで無事に過ごす事の出来たお礼と、この先の仕事の成功、ブライベートなお願いをしました。ここは高台にあるので、きれいな広い広い海が一望できたので、木陰のベンチで涼みながら、一人でノンビリした時を過ごしました。  下のアップは、その

▼続きはこちらから

今週帰国します

posted :
 今週は気温が下がって、といっても35℃位ですが、凌ぎやすいカンジがします。8時30分過ぎ工場に着き、ワーカー達と軽い挨拶の後、受け持ち部署の整理、掃除、ビニールシート掛け(とにかくホコリが凄いのです!)に没頭しました。工場はいつものように、オーバーホールのエンジンの分解部品がそこら一杯散らかり、リペアーの板金塗装のパテ作業でごった返しています。その後は工場内のゴミ集め、工場前の掃き掃除をしました。工場改装後は最低でも2S徹底、出来ない奴は罰金だからな!  ありがとうダナン・・・ダナンの全景です。助かりましたロッテマート・・・ロッテマートの入口です。受け入れてくれて感謝・・・アパートの前です。命の恩人です・・・部屋の扇風機。とりあえず感謝のアップです。65才過ぎての、異国の地での生活は簡単でもなかったけど、学んだこと吸収したことは山盛りでした。またここに戻ったら、すべてを改善、仕切り直しで

▼続きはこちらから

露店は儲かる?

posted :
何回か紹介したミークワン(ダナン名物のきしめん風)、最近見つけて気に入ってる露店飯屋のものです。上に載ってるウズラの卵と小エビがとても美味、70円です。ここダナンには、この様な空き地に簡易テントを張って商売をしている人がメチャ多いようです。なぜだか?、メッチャ稼げるからです。今朝もは8時30分頃寄ったのですが、いつも洗い物をしている息子さんらしき若い子がいなくて、沢山のどんぶりが山積みになっていました。その山積みを数えて見ると、100個位ありました。店は11時頃仕舞うのですが、この後も30杯は売ると仮定して、このおばちゃんの稼ぎを計算してみました。 100個(今まで売り数)+ 30個(今からの予想売り数)=130個 130個 × 70円 = 9,100円 9,100円 × 25日 = 227,500円  ⇒ スゲー売上 純益50%として、113,750 円 この金額すごいですよ。 ベトナム

▼続きはこちらから

自炊もしたくなった

posted :
 ロッテマートの野菜売り場で「ゴーヤ」らしき物を発見!。自分は料理好き、と言っても酒のツマミ程度ですが、中でもゴーヤチャンプルは得意料理のひとつです。「あ~~ガッチリ苦味の利いたゴーヤチャンプル食いテー」と腹の底から思いました。豆腐、豚肉、ナス、玉ねぎも売っているし、お気に入りのタレはありませんが、それなりの味にはなりそう。その他、美味しそうな肉もいっぱい売っているので、キャベツと炒めて・・・・・、次から次へと思いは巡ります。フライパンと簡易のITヒーターを使えば自炊可ですので、次回は日本からタレだけは持って来て実現しますよ。  いま自分が一番食べたいものは何だと思います。実は「カツカレー」なんです。他の日本食はあまり浮かびません。こちらに来てから、日本食は数回程度しか食べていませんが、刺身も味噌汁も漬物もそんなに懐かしく思いません。電子レンジは工場に有りますので、今度来るときは、レトルト

▼続きはこちらから

釣りもできます

posted :
 ダナンでの滞在も2ケ月が過ぎ、帰国まで2週間を切りました。この2か月を振り返ると、何故か1年もここで生活していたかのような、奇妙な感覚に囚われます。苦痛だったとか、シンドかった(暑さは大変でした)という感覚とは違うのですが、ものすごく時間が長く過ぎたような感じです。良く解りません。間もなく孫達、ネコちゃん、家族に会えるのはすごく嬉しいです。  昨日(日曜日)は、N君の親戚一同が集まるおばあちゃんの一周忌の席に呼んで頂きました。もちろん、T・I師匠も一緒です。その様子と手作りの御馳走の写真アップします。最後はカラオケパーティで締めましたが、とても楽しい3時間でした。帰る時は、おばあちゃんの位牌と写真に、お線香を立てて心から感謝のお祈りをさせてただきました。  ダナン釣り情報です。ダナンには釣具メーカーのダイワの大きな工場もあり、ハン市場の横の通りには釣具・魚具店が多く有ります。スポーツフッ

▼続きはこちらから

家計簿

posted :
 今週もメッチャ暑かった。予報ではしばらくこの暑さ(38℃以上)が続くとのこと、熱中症には要注意!、ここダナンでは6月が一番暑い月だそうです(T師匠談)。 今回の滞在(4/18~7/1)も残り少なくなってきました。そこで、「1か月5万円で暮す」の家計簿を簡単に披露させていただきます。 ビザの取得費用(3か月のシングル観光で7500円)、バイク代(20,000キロ強走行の中古スクーター125cc、約6万円)、往復航空運賃(ベトナムエアーライン、成田/ダナン約6万円)等の初期費用は別にして、生活費の集計をして見たら下記になりました。 ① 家賃(水道料込み)                12,000円         ② 光熱費(クーラー、冷蔵庫無し)          3,000円 ③ 食費   朝食:100円 + 昼食:200円 + 夕食(ビール代含む):500円 = 800円 × 30日

▼続きはこちらから

災難もあります

posted :
 今日は朝から災難の連続でした。業務報告を日本に送付完了で、さて出かけようとしたら、部屋のドアーが開きません。内からも、外からもロックできるタイプのカギが、何かのの拍子に外からロックされてしまったようです。困り果ててT師匠に電話、大家さんへの伝言を頼みましたが、全然来ないので、T師匠自らヘルプに来て呉れました、ホント助かりました、ありがとうございます!。そして工場に向かう途中、オートバイのハンドルが取られる異常を感じながらも、なんとか工場までは到着したのですが、パンク、工場のスタッフに指摘されて気付きました。それもタイヤのゴムチューブの完全破損で、近くのオートバイ修理屋に行けとの指示に従い、チューブを交換してもらってヤレヤレ。二度あることは三度ある?を避けるため、今日は夕方まで、慎重、慎重を心がけて過ごしました。  最初の写真は、昨日の夕食です。ビンマート冷蔵庫(コンビニです)にビールを買

▼続きはこちらから

フルーツ大好き、ベトナムも大好き

posted :
今日もベトナムの果物を絶賛します。この国は南北に細長い国なので、地域によってかなり気候が違います。南部(ホーチミン)は年間を通じて熱帯モンスーン気候、北部(ハノイ)は四季のような変化がある亜熱帯気候、そしてここダナン(中部)は、5~8月は亜熱帯の暑さで9~1月は雨期です。その中部から北部の山岳地帯(いわゆるハイランド)は、さわやかな高原の気候の地域もあるようです。この特有な気候により、果物の種類が豊富です。ベトナム料理も魅力的ですけど、自分としては果物が一番のお気に入りかな。特に6月は果物の種類が、年間を通じて最も多い季節のようです。 最初のアップは、工場の近くで見つけた市場の果物屋さんで、その下はマンゴー。ここでは完熟マンゴー食べ放題、そう、とっても安くてジューシーで美味しいんです(1個50円くらい)。ロッテマートの果物売り場では、カットしたすぐ食べられる状態のフルーツをパックでも売って

▼続きはこちらから

雑談

posted :
今日は日曜日、ネットの天気予報ですと最高気温は35℃位のようです。朝8時、L君を誘って、10時頃までコーヒータイムでした。L君は息子と同じ世代のとても良い若者です。IT関係の仕事をしていますが、日本語も上手ですので、ここベトナムでのオタスケマンの一人です。自分のベトナム語の先生になってくれれば、また一からやり直してみたいと秘かに考えています。L君宜しくお願いします。  自分にとって今の生活は、言葉だけでなく現地の人の習慣や行動パターンなどに、驚きと戸惑いを感じることの毎日ですが、尻込みしたらそこで終ってしまうので、負けずに頑張っています。違う文化、経験したことのない世界を受け入れて、積極的に理解しょうとすることが、自分の今回のベトナムでのチャレンジ、楽しみだと思っていますので。でも、ぐちではありませんが、正直キツイことも沢山ありますよ。 さて、コーヒータイムの後は、昨日から決めていた、徒

▼続きはこちらから

CAFE

posted :
ベトナムにはいろんなタイプのカフェがあり、その数もとても多いようです。路上(歩道)にイスとテーブルを置いただけのローカルカフェでは、一日中暇を持て余している?人たち(主に男)の姿が目に付きます。最もポピュラーなコーヒーは、挽いた豆とお湯の入った抽出器具(写真)を、グラスの上に乗せた形で出されてきます。コーヒー液がグラスに落ちたら(かなり時間がかかります)、抽出器具をどけて、かき混ぜて(あらかじめグラスには超甘いコンデンスミルクが入っています)氷を入れます。それからは、一気飲みしないで、氷とコーヒーがじわじわと溶けるのを待ちながら、チビチビ飲みながらゆったりと時間を過ごすのです。無料のお茶は飲み放題です。ものすごく甘いコンデンスミルク入りアイスコーヒーですけど、濃いベトナムコーヒーとの相性がとても良くて、はまります。日本では、ミルクも砂糖もいれずに飲んでいましたが、今ではこのベトナムスタイル

▼続きはこちらから

一寸法師の舟?

posted :
 週間天気予報通り、昨日と今日は気温33℃でとても涼しい?、過ごし易さです。  お椀型の舟発見!。此処、ダナンには多くの漁港があって、漁船の周りには必ずこの渡し船があります。遠浅のダナンの海では、漁船が岸壁に横付けできないので、このお椀の舟が必需品になっているようです。竹を編んで、松ヤニを塗った簡単な造りですがが便利に使われています。  こちらのコンビニの紹介、Vin(ビン)マートです。アパートに冷蔵庫が無いので、冷えたビールはここで調達しています。値段はローカルの雑貨屋より少し高めですが、日本のコンビニのように便利に使えます。ティッシュ、洗剤、歯磨き粉、スナック、果物なんでも売っていて、高級住宅地、ホテルの近くには必ずあります。アパートの近くの当店、偶然発見、あーやっと冷蔵庫が見つかった。  お気に入りのサトウキビジュースの原料となる、皮むきの小さなお店。サトウキビって皆さんご存じですか

▼続きはこちらから

床屋に行きました

posted :
 この暑いのに、ベトナムの女性ってオートバイに乗る時って、物凄い厚着をしているんですよ。アップを見て下さい。男性も長袖のジャージを着て運転している人が多いです。日焼け対策と紫外線を気にしての完全防備の厚着をしているんだと思いますけど。パーカー付きの長袖を着用、サングラス、マスク、下半身にはアームカバーを利用しています。特に、女性は白い肌を保つために大変な苦労をしています。見た目はとっても暑そうですが、この方が暑さをしのげるのかなとも考えてしまいます。解りません。  最近、少しずつ次回訪問に備えて工場の周りの宿泊所(安いホテル)と食事処を調査し始めています。こちらではオートバイは必需品ですが、注意していても避けられないアクシデントもあり得ますので、徒歩通勤可能な職住接近を目指しています。生活には、食事する場所(すべて外食)が一番重要ですので、会社近くのローカル食事処を見て回っています。 今朝

▼続きはこちらから

再び、チョー暑い!

posted :
今日は土曜日、昨日の疲れを取るために休みです。とにかく暑い、日中の日射し、モアーーと来る熱気が凄過ぎます。予報ですと、来週の水曜日頃からは33℃位に下がる様ですけど、ここ2、3日は40度を超えてると思います。そんな訳で、涼しい朝のうちに雑用等を済ませて、9時頃からはクーラーが効いていると思われる「ダナン美術博物館」に行ってみることにしました。2016年12月にオープン。ここでは、ダナン中部地方や高原の芸術家による油絵や彫刻,漆塗りなどいろいろな作品が展示されていました。3階建てで、入場料金は無料、1階のフロアーは涼しいのですが、2・3階は暑かった。展示作品はとても素晴らしかったので、暑さしのぎだけでなく、また何度か訪れたいと思いました。コーヒショップも感じ良さそうでしたので、今度寄ってみます。 ランチはミーク ワン(麺)、ダナンといえばミーク ワンです。米でできた幅広麺(キシメンと同じ)に

▼続きはこちらから

とにかく暑い

posted :
 昨日は、我ながらよく働きました。体をちょっと動かすだけで、汗が噴き出す暑さの中、作業に没頭。ちょっとヤバイかな?とシャッターを閉めてクーラーをいれました。はーヤレヤレ、やっと涼しくなり、作業場の温湿度計を見ると、それでも気温35℃:湿度50%。外に出てみると、ムットした暑さでで目が眩むほど、外気温は40℃位ありそうです、湿度も高そう。ここ数日の暑さは、半端じゃありません。熱中症にならない様に日中は外に出るのを避けて、日陰を探します。  前からチョット気にかかってたのが、ベトナムの自転車事情。スクーターばかりに目が行ってたのですが、相当数の自転車も走ってます。子供用、通学用、老人達、ロード用、物売り達等です。自転車も「車両」扱いですので、車道を車やバイクと同じように走らなければなりません。また走っていると、自転車の修理・販売店も多く見かけます。新しい自転車は、日本式?のママチャリが多いです

▼続きはこちらから

ベトナムのフルーツ

posted :
 今週初めは、雨、曇り模様であまり暑くなかったんですけど今日はうだるような暑さでした。工場の方は掃除、金曜日の仕事を確認してから、昼前にチラシ配りに出発です。住宅地に駐車してある高級車を中心に、配りました。配るといってもフロントガラスに挟む方式の配布ですけど。ランチ後、ミケビーチを回ってチェックしましたが、ターゲットと感じる車はありませんでした。  「ジャックフルーツ」を紹介します。  5月30日がベトナムの祝日で、現地N君のご自宅にT師匠/I師匠と一緒に昼食に招待してもらい(とても裕福な家庭で、お父さん、妹さん同席でとても楽しかった)、そこで食後に頂いたのが「ジャックフルーツ」です。黄色の果実は、歯ごたえがあり、甘くてとても美味しいかった。この日は、N君のお母さん手作り料理をビール片手に爆食、その後のデザートで頂きました。もちろん初体験。以前撮った同フルーツの写真もアップします。  午後

▼続きはこちらから

バイクは必需品

posted :
 ベトナムに来て、バイクの洪水には改めて驚かされましたが、その中で生活している人たちにとっては(自分も1か月以上居るので、その中の一人)、バイク(スクタータイプがほとんで、ギアタイプのオートバイは少ない)は必需品です。バスは少なくタクシーは高い。交通渋滞も多い現況では、必然ベストな移動手段はバイクとなれば、それを買うのは生活上の必要不可欠な投資で、多分、どんな家庭でも4人家族なら必ず2台以上を所有していると思います。その値段はあくまでも参考ですけど、125ccのスクーターが高いもので25万円以上(ホンダ/ヤマハ)、中国ブランドで5万円位からのようです。40万円以上の高級バイクも走ってます。  1か月の経験から割り出した、事故回避の自分のノウハウは、  ①:スピードは控えめに!。スピードが出し易い広い道路は避ける。混雑していてもスピードが出せない狭い道路を走る。  ②:左折する場合は必ず、方

▼続きはこちらから

普段の食事

posted :
 代り映えしませんが、最近の食生活をのアップです。1か月以上の滞在で、段々と自分に合う食べ物に偏ってきました。例によって、アパート前の露店での朝食、ベトナム風ウドンとフランスパン(バインミー)。ウドンはかなり癖のあるベトナム味で、赤唐辛子のスライスを入れ(グリーンレモンを絞って入れるひとも多い)、硬いフランスパンをちぎって汁に漬けてふやかして食べてます。魚や豚とネギ・さつま揚げ等の具が入っていて栄養満点、美味しいです。値段ですけど、実際は65円でした。安い理由は、このエリアはクリスチャンの住民が多く、貧しい人にも食を与える精神から、昔のままの値段をキープしているとのことです。これも、T師匠から教えて頂きました。だからか、寛容心があるのか、よそ者の自分も受け入れてもらっているんだと思います。それと、T師匠のこちらでの信頼度による影響も大きいです。感謝、感謝です。  最近お気に入りのお惣菜での

▼続きはこちらから

ハン市場

posted :
 ダナンには有名な大きな市場が二つあります。観光客が多く訪れる「ハン市場」と地元の台所として最大規模を誇る「コン市場」です。走っているとこれ以外にも、小さな市場は沢山見かけます。一度は訪れようと思っていたハン市場に今日やっと行ってきました。場所はビックシーがテナントで入っている、ビンチュンプラザの建物の向いになります。バイクをビックシーの駐車場に預けていざ見学です。 最初のアップに「チュー(市場):CHO コン:CON」の文字がが見えますよね。次のアップは、ビックシーの入っているビンチュンブラザの建物です。細かい路地には露店が建ち並び、その中に入れば所狭しといろんなお店が入り乱れています。生活用品は何でもあります。見たことのない方は動画でもないと想像させるのは絶対無理な光景です。訪れた時間がちょうど午後三時頃でしたので、売り子のおばちゃんたちは昼寝中?で、しつこくは寄って来なかったので助か

▼続きはこちらから

硬いはなし

posted :
ベトナムについて簡単に説明しますね。アップした地図を見て下さい。インドシナ半島の東側の海に面した南北に細長い国土で、北は中国に接する首都ハノイ、中部は自分の滞在中のダナン、そして南はホーチミン(旧サイゴン)の有名な都市があります。中国、ラオス、カンボジア、タイと国境を接しています。1976年の南北統一以降、共産党の一党支配が続いています。正式国名は「ベトナム社会主義共和国」で、面積はおよそ日本の90%、人口は9340万人('15年)、仏教徒が約60%の国です。もうベトナム戦争終結から45年も経ちます。 海外生活で最も重要になるものの一つが、現地での日本に関する情報です。ベトナム語もほとんど解らない、日本のテレビも見ない新聞も読まない自分にとって、ヤフー等のネットが唯一のホットな情報源です。自分は阪神タイガーズとジュビロ磐田の大ファンでもありますので、何時もチェックして一喜一憂してます。生

▼続きはこちらから

200円ショップ

posted :
 ダナン市にはスーパーマーケットがいくつかあります。ロッテマート、ビンコムはもう紹介しましたが、今日は「Big C:ビックシー」に行きました。ネット情報によると、ダナン初のスーパーマーケットで現地の人で賑わうローカル色の強い店との事です。アパートからバイクで約10分、向いにはダナン市民も利用するハン市場があります。  地下のオートバイ駐車場入口をやっと見つけて、1階の化粧品や時計などの販売エリアは当然スルー、最初に3階の日用雑貨売り場(衣料品、文具、電気製品等)を見学しました。ロッテマートに比較すると狭いスペースですが、普段使いに的を得た日用品が多いカンジです。最初の写真は「KOMONOYA:コモノヤ」です。解りますか、日本の100均のような、値段は100円でなく2倍の200円(高い!)。2番目の写真は自動車用品コーナーです。  次はいよいよ2階の生鮮食品、加工品、飲み物、お酒、お菓子、食

▼続きはこちらから

教会

posted :
今日は土曜日、T師匠と何時ものコーヒータイムで二軒はしごで11時頃まで過ごしました。今夜は一年に一度のハン川での大花火大会だそうで、一緒に見に行く約束もしました。誘ってくださって大感謝です。腹の調子も良くなったので前から行こうと思っていた「ダナン大聖堂」に行きました。フランス統治時代の1923年に建てられた、ローマカトリック教会です。外壁は淡いピンク色になっていて素敵な教会でした。敷地内を散策するだけでも御利益が有りそうな雰囲気でした。ミサの時間になると広い聖堂には数千人の信仰者が礼拝に来るようです。今日は外からの写真撮影だけでしたが、クリスチャンではありませんが、一度はミサを体験しに来ようと思ってます。そして最初のタブレットからのテスト投稿に映っている大教会の写真は、昨年のハノイ旅行の時に訪れた教会です。               最初のアップした写真は、一軒目のお店の外観です。可愛

▼続きはこちらから

オートバイ社会

posted :
 お腹の具合がイマイチなので、工場で掃除を済ませて昼前にアパートに戻りました。T師匠から昼頃久しぶりの電話が有り、報告すると「ヒドイようなら病院紹介するから」と有り難いお気遣いを頂きました。ベトナム人のR・N君でも、時には物凄い腹痛になって病院のお世話になることもあると聞かされていたので、用心、用心です。さいわい今回は、日本から持参した薬でなんとかなりました。 「ベトナムの騒音」物凄いですよ。写真ではお見せ出来ませんが、走行中の車の大クラクション、吹かしまくるオートバイのアクセル音、喧嘩のような大声、すごいボリュームの音楽、物売りの声等です。時々聞こえるカラオケ(近所の家から、流しの歌い手、居酒屋から)の音も部屋までビンビンです。音での迷惑はお互いに全く気にしない、文句も言わない国民性のようですね。良く解りませんが、自分は気にならなくなりました。こちらに来てから1か月強、馴染んできたんでし

▼続きはこちらから

今日は働きました

posted :
 昨日の夕食は自炊というかアパートで頂きました。急の仕事で午後5時まで工場で作業し、久しぶりの充実感と疲れのなか、帰りにロッテマートで惣菜とインスタント食品・青いバナナ、コンビニで冷えたビール2本も買いました。夕方は、惣菜が手頃の値段、少量パックで沢山出ていました。この中で真ん中の右のキムチが超クールでした。また、インスタントラーメンも今日の昼に食べて見ましたが、美味しかった。ベトナムでは、韓国に感謝することが多いです。   当工場(モータース)は、現状、板金塗装とエンジンのオーバーホールが得意です。若い職人さんが沢山働いています。言葉はよく解りませんので今はジェスチャーでのコミニュケーションですが、自分がベトナム語を勉強しているのを知ってからは、いろいろと言葉を教えてくれます。良い仲間に成りつつあります。 ベトナムの通貨を少し紹介しますね。通貨の単位はドン、使用されている紙幣は12種類の

▼続きはこちらから

インドとラインで繋がった

posted :
 インドに単身赴任中の長男とラインで繋がりました。仕事オンリイ?の3年強の現地出向で頑張ってるようです。私‥「今までの人生の垢落とししてます。ローカルで生きながら、夢を追ってます」⇒息子‥「ベトナム満喫してそうでなによりです。体調には気をつけて楽しんでください」。親父と息子の会話って、これで終わり。軽くて、適当な春爺、世話になった女房もほったらかして・・・・・・・・。  最初にアップした写真は、こちらでひょんなことから知り合い、時々自宅にも遊びに行ったりして、お付き合いしているR夫婦さんとのレストランで食事した時の写真です。決して裕福な家庭では有りませんが、這い上がろうとしているベトナムの庶民です。3人娘(2才、13才、14才)の中の真ん中の娘さんの誕生日に自分がプレゼントしたディナーです。特に2才の子は自分の孫の一人と同じ年で、見ていてウルルンです。 夕方、買い物を思い付きロッテマートに

▼続きはこちらから

流し?と海でくつろぐ

posted :
 今日もアウトドアーの激安夕食、先日の同様店の隣の店です。N君、T師匠と3人、何気なく眺めていると前の道路に観光バスが2台止まり、韓国か中国の観光客がぞろぞろとホテルのレストランに流れて行きました。意味はないですけど、そのバスアップしますね。ここで飲んでいると、物売りががいっぱい来ます。パックしたカット果物、宝くじ、耳かき等の小物売り、ぬいぐるみを着た超可愛い学生ぽい女の子人形等々。N君の知り合いらしいローカルの若者集団がカラオケ装置を持って来て、楽しんでいました。此処は現地の人達にとっては、手軽に安く美味しく酒を飲んで楽しめる優雅な空間なんですね。N君のお陰でよそ者の自分が此処に座れていることは感謝しなければいけないと、マジで思いました。そのうちに、流しのカラオケ装置を引いた歌い手さんも隣の店から流れて来ました。彼らは歌を聴かせる代償にちょっとした小物を売る形でお金を貰うようです。一曲ベ

▼続きはこちらから

焼肉レストランと夜景

posted :
 今日の夕食は、焼き肉屋:「12BB」さんです。まだ観光ガイドには載っていないお店で、日本人の若い方が経営しています。ミケビーチ沿いの少し路地に入った静かな場所で、スタイルは炭火七輪で焼く日本風です。たれの味も日本味で、値段もほぼローカルの良心的なお店です。最近知り合った、もう一人のI師匠にT師匠、Zさんの4人での楽しい時間を過ごしました。3人割り勘でで一人1,500円でした。少し余談ですけど、ベトナムで見かける日本人って大きく分けて4種類ですよね。①:ローカルをメインに生きている人、②:日本食堂関係の人、③:会社関係の赴任滞在者、④:観光客ですね。自分はT・I師匠と同じ①のローカルでの生活で、たまに接触のあるのは②くらいで③と④の方とは生活空間が違うので会うことはありません。但し、T・I師匠は普段こちらで普通の仕事をされているので、いろんな人とのお付き合いが別途あるとは思いますが。 帰り

▼続きはこちらから

火傷しました。

posted :
 今朝は普通のブレックファースト。T師匠と仕事に行く途中に寄りました。池には錦鯉も泳いでいますけど、観光客は来ないローカルなんです。まだアップはしてませんけど、こんな雰囲気の喫茶店は数か所行きましたが、持ち込みOK?、弁当広げて食べてるお客さんもいました。日本人の自分には真似できない部分です。T師匠のお話しですと、この手のお店の学生アルバイトの時間給は50円位だそうですが、コーヒーに目玉焼きにパンで、350円と結構高いような気がしました。  ベトナムの自動車の話です。販売台数のメーカー別では、地場メーカーのチュオンハイが25%のシェアで、続いてトヨタが20.8%のシャアを誇っています。ほかにマツダ、フォード、ホンダなどが海外メーカーのシェアを持っていますが、やたらとマツダの新車が目に付きます。車はどんどん増えてるようですが、インフラ整備が追い付かない状況下これだけバイクが多いと、私には車の

▼続きはこちらから

アウトドアの夕食は安くて旨かった

posted :
 ベトナムのあらゆる事を学習中の春爺(自分です)は多感で、すぐ人を信用しちゃうのでベトナムの友達はマジで「危ない・危ない」と何時も発してくれています。超ローカルの中での生活を体験している自分にとって、日本人のT師匠、ベトナム人の友達の保護を何時も感謝しています。Cám ơn.(ありがとうございます)。 今日のディナーも、超ローカルな場所でした。アップしますね。多分、このダナンに日本人150~300人在住しているようですけど普通は来ない場所だと思います。道端レストランです。多分これが、格差社会の一つの庶民空間でもあると思いますが。でも、貧しい雰囲気ではありませんよ。皆くつろぎ、屈託のない笑顔で明日を生きようとしている庶民レベルの空間なんです。金額はビールもかなり飲んだのに4人分で1,700円位でした。  結構年配のオバちゃんが二人で料理作ってくれるんですけど、自分には母の味ぽっくて美味しかっ

▼続きはこちらから

ダナンはキレイな町です。

posted :
食事のときにカルチャーショック(チョット大袈裟?)を受けたのが、ローカル(現地の人)が集まる大衆食堂での喰い散らかし。ゴミをテーブルの下にどんどん捨てちゃうんです。上品な観光ツアーでは絶対遭遇しないと思いますが、自分が大好きなベトナム風マナー?です。そして、溜まると店員を呼んで掃除させます。もし、ゴミ箱が横に置いて有ったら、そこに捨てます。しかし、テーブルの下でもOKですよ。  自分の大事な仕事の一つは、工場を整理・整頓し奇麗にすることです。毎朝、お店に行くと最初に事務所、同居する工場、工場の前、そしてたまにはトイレも掃除します。ジャパンクォリティは、掃除から始まるんだよと無言で見せつけます。もうじき工場の改装が始まる予定ですが、富裕層をターゲットにしたいんならまず掃除、整理整頓です。奇麗にしなきゃダメジャンですね。ワーカー達がどう変化するか楽しみです。  そんな関係での毎日ですが、今日

▼続きはこちらから

市庁舎

posted :
昨夜は酷暑(日中:33度)とベトナム生活での精神面での消化不良?で、よく眠れませんでした。 そんな寝不足気味の朝食は胃に優しい豆乳と揚げパン、100円位でした。何故か、「ベトナムって基本は中国だよな」とか考えながら食べました。少し違うのは、中国よりは居心地の良い開放感が有るんじゃないかと、昔は国の半分が自由主義国だった影響でしょうかねえ。この間はおばちゃんに思わずニーハオと言ってしまいました。  昼食は、前からトライしようと思っていた「クアンコム・ビンザン」を食べました。早い、安い、旨いの大衆食堂と言ったところです。店頭に並んだおかずを指差し注文するだけで大丈夫です。指差し注文を済ませて、席について待てばOKです。旨そうでしょ、スープ付です。テーブルの上の無料のライム、チリ、調味料も適当に付けます。この手のお店の欠点は、ビールが置いてないことです。ビールが有ったら、夕食のビールのつまみに丁

▼続きはこちらから

洗車等

posted :
自分のこちらでの役目(仕事)は自動車関連ですので、バイク・自動車洗車専門店が自然 目に付きます。小さな個人規模のバイク修理店・タイヤ交換店もメチャ多いです。自分で洗車する人は少なくホコリが多いので、頻繁に洗車場に行く人がいるみたいです。料金は大きさにもよりますが、自動車で1,000円以下、バイクで150円程度です。こちらでは人件費は安いので、人間手洗い洗車機ですね。オイル交換も一緒に行っていました。 洗車方法は、まずエアウォーターガンで汚れをおとしてから、フォームガンで洗剤の泡を吹き付けて、タオルで慎重に洗い、その後泡を洗い流します。最後に車内の掃除も念入りに行います。お客さんは椅子に座って奇麗に成っていく様子を眺めながら、待っています。 ところで、生活の方ですが、朝食は前の露店で何時ものうどんとフランスパンで済ませ、工場に行ったら祭日休みだったので、新しく見つけたコンビニで買い物(缶ビー

▼続きはこちらから

ダナンのショッピングモール(2)

posted :
この国はグローバル化とIT化の中で、ゆっくりと成長するわけにはいかないようで、其処ら其処らに「いびつ」な状況が目に付きます。国民の年齢別も20代人口割合が高く(高度成長期の1970年の日本と同じよう)若者のの多い国でもあります。平均年齢も30歳位で、街中は若い人たちのエネルギーで充満しています。 液体電気蚊取器を買いに別のショッピンモール:ビンコムに行きました。現地の富裕層向けスーパーマーケットという位置づけで、広々とした空間で奇麗な内装は、ベトナムにいるこさえ忘れてしまいます。2015年のオープンで4階建です。日曜日でもありものすこい混雑で、特に若者で溢れていました。電気蚊取器見つけました、370円でした。それからなんとスケート場までありました。店内の様子アップしますので、見て下さい。一番下の写真は、広い家電のお店です。 少なくとも此処には古きベトナムのイメージは全く存在しません。いろ

▼続きはこちらから

スイートルーム公開

posted :
 痒みを感じて、目が覚めました、蚊?。耳を澄ますと、微かにブ~~ン。ネットで調べると、ベトナムではか蚊取り線香は必需品!、大家さんの貸してくれた蚊帳をさっそく使うことになりました(とても親切な大家さん、足を向けて寝れません!)。自分世代?にはとても懐かしい古き良き昭和の遺物?が役に立ちました。  自分のスイートルーム、プライベート生活の一部を披露します。まずは一番大事なトイレ。洋式で、手動のウオッシュレット(小さくて勢いのあるシャワー)が便座の近くにあります。初めて見た時は、トイレの掃除に使うものだと思い、日本から持参の携帯ウォッシュレットを使っていたのですが、今ではこの強い洗浄感の虜です。ここは、絶対譲れなかった部分ですけどすっかり現地慣れしました。湯沸かしポットと机とイス、すべて借り物、電子機器のみ持参品です。  エアコンは付いてないので、窓を開け放して、補助には扇風機。暑さに耐えられ

▼続きはこちらから

100円のお弁当

posted :
 朝早くから小雨模様。こちらに来てから二週間弱、今日は土曜日でもあるし、のんびりします。雨が上がれば、昼から遠出散歩でハン市場付近まで行ってみようと思ってます‣・マップを見ながら。寛げそうなカフェが有ったら、演歌は流れてないでしょうけど、入ってみたいとか・・・・。 昨日のランチは、工場の人達が何時も食べているお弁当。アパートを出る前に念入りに、頼むための会話用単語をメモって、文字と会話でチャレンジ、やっと通じて一緒に買って来てくれました。お金を出したらサッと適当に持って行きましたが、100円位(20,000ドン)だと思います。ビニール袋に入ったスープも付いていました。ライスは少しクセが有りますが、美味しかった。 チョットだけ、ベトナム語の話です。「スタンダードはハノイ語なんだが、ダナンでは、ダナン弁・フェ弁・スワンナム弁だけでなく他の地方弁も混在しているよ」と師匠のTさんに強く言われた通り

▼続きはこちらから

ダナン市

posted :
 滞在地「ダナン」は、ベトナム中部最大の商業都市で古くから東西交易の中継地として栄えました。その中心地はコンパクトで、ダナン国際空港からどこへ行くのもバイクで30分以内位です。(自分の感覚ですが) またバイクで40分ほどで世界遺産の観光地ホイアン、車で2時間強でフエ(ベトナム戦争激戦地、ベトナム最後の王朝等)にも行けます。こんな便利で綺麗なダナンに世界中の観光客が集まるのも必然のようですが、自分の目に入るのは中国人と韓国人ばかり・・・・。 ダナンの市街地はハン川沿いに3Km四方に広がっています。ハン川の西側は有名な?ハン市場を中心に庶民感覚的も色濃く残る、安宿から高級ホテル・レストランの集中するエリア、東側は中高のリゾートホテルの連立するビーチサイドのエリアです。 ハン川には東西を結ぶ大きな橋が、四つあります。一番有名なのは火炎放射機のように火を吹く「ロン橋」です。通称ドラゴン橋、自分の迷

▼続きはこちらから

ホームセンターが欲しい

posted :
 朝飯はアパートの前、徒歩1分以内。なんとなくウドンで、汁はベトナム味?で魚の具がとても美味。レシートを呉れるような店(屋台)ではないので、いくらだったかハッキリしないのですが、¥150(30,000ドン)位だったような。イマイチ金銭感覚が身に着きません。 周りの朝の様子です。  朝の出勤は混雑した道を30分弱です。交差点には一応信号機は有りますが、左折がとても怖い(車、バイクは右側通行、日本の逆です)。大きい車ほど偉いみたいですので、バイクは遠慮がちに勇気をもって車をガードに使いながら左折です。自分の場合事故が絶対無い様に出来るだけ右端をマイペースで走行します。それでも自分から見て右端は、逆走するオートバイが頻繁に来るのでビックリしましたが、ようやく慣れました。危険回避の運転方法を習得しながらの安全運転心掛けます。 作業場の整理整頓をしながら思いついたので、用具を買いにまたまたロッテマ

▼続きはこちらから

今日はビーチを回って帰りました

posted :
工場への往復もかなり慣れてきました。方向感覚には自信があったんですが、ダナンでは日本の様にはいきません。たぶんベトナム風の目印(建物とか看板)が自分にはうまくインプット出来ないんですね。 今日は、チョット遠回りしてビーチに寄り道しながら帰りました。リゾートホテル、オシャレナなカフェやレストランの立ち並ぶダナンを代表する人気ビーチ。砂浜がとてもきれいで、ゴミ・海草の打ち上げもないクリーンな魅力いっぱいのビーチでした。暑いのに、今は海水浴気分とはなれないですが・・・。 今日は迷わず、アパートに無事帰宅することが出来ました。写真はビーチとアパートの周りの風景です。建物と入口が映っている白い建物が、仮住まい(6か月契約)のアパート、3階に住んでいます。電柱の横の緑の箱はゴミ回収用の入れ物で、トラックで回収するのですが決められた日に出すようです。広い4車線道路に接続する路地のちょっと入った所です。ア

▼続きはこちらから

今週は一人で生きてみます

posted :
こちらでの師匠Tさんは4日間の休日で雲隠れ。良い機会なので、自力で頑張ります。 本日は朝イチからスクーターで工場へ、事務所と作業場の掃除。現場を日本仕様の綺麗な工場にするのが当面の仕事です。ローカルに、自分の仕事(と言ってもお手伝い)の価値を理解してもらえるかなー?こちらの現場の人たちは、業務の中に掃除という項目は入っていませんので、別に掃除専門のひとを雇わなければいけません。自分がそのひと?ということのようです。SOLIDRACINGのベトナムオフィスとしての体裁を整えるため、ローカルの社員等を教育します。 昼休み(1.5時間)を利用して、「ロッテデパート」に買い物に行きました。何でも有りますよ。日本と同じレベルの(韓国資本です)便利できれいな店(4階立て位)です。 この店の良いところ(楽なところ)は、商品に値段が付いていること。値引き交渉は不要で、気分が安らぎます。有名なハン市場では、

▼続きはこちらから

アパート生活の一日目スタートしました

posted :
一番の必需品、これから自分の足になるオートバイの紹介。右側通行、オートバイだらけ(金持ちの高級車もたくさん)、でも大丈夫です、少し慣れました。 アップした写真は、朝食を食べに行ったローカルレベルのお店の前です。150円位でした。 その後、街角の喫茶店でくつろぎながら、N君にベトナム語の超超難しい発音のレクチャーも受けました。勉強はして来たけど全然通じない、ショックの連続です。どうなる事やら。。。でも諦めません。春さんは初心貫徹です。 ついでに、近くのお店で、生活用品(洗面器、鏡、当分のミネラルウォーター、コップ、割り箸等)も買いました。900円位使いました。買物は、R君に頼みました。市場で自分で買ったら、多分値切れないので、この値段の5倍以上にはなると思います。 お店のメニューもアップしますね。ちなみに自分は、大好きなミルクココアを注文しました。美味しかったです。 その下の写真は、二日前お

▼続きはこちらから

いよいよスタートしました

posted :
初めまして、仏の春です。近くのパワースポット「事任八幡宮」で神頼みも済ませ,スタートしました。 当分は、居候するお店(工場)に半日、後の半日は、生活空間・オートバイでの走り・地理感覚・アパート暮らしに慣れるために使います。 ここ2~3日の食事と、周りの風景をアップしますので、挨拶代りに見てください。五万円生活では、無理・贅沢な食事(奢ってもらいました)ですけど。 ⇒ おいおい、庶民レベルにチェンジして行きます。   

▼続きはこちらから

明日、いよいよ出発です。

posted :
近くの事任八幡宮で一応、神頼みを済ませました。モチベーションのアップは、憧れのベトナムの景色です。

▼続きはこちらから