仏の春さんベトナム・ダナン日記…1か月5万円で暮らす

現場のお姉さん

posted :
 今朝の朝食はダナン名物、ミークワン。米から作られたきしめん風の幅広麺に海老、豚肉、ウズラの卵など多くの具に野菜たっぷりです。濃いめのタレを絡め、せんべいと一緒に食べます。超美味しかったので、今回の朝食はここに決定。値段は75円。でも、豚足入りフォーも捨てがたいので時々はそっちも食べます。  お世話

▼続きはこちらから

ブラックマーケットと造船所

posted :
 ダナン3日目、心配したホテルもぜんぜん問題なし。来る前の日本での仕事メチャメチャ忙しく、疲れ気味だった体も元に戻り、モチベーションもアップ。春爺、普段はリーさんのバイクに乗せてもらい行動開始です。  事務所整備も少しずつ進み、展示用ホイールもこれからどんどん増やします。ホイールを展示するための木箱

▼続きはこちらから

豚の血豆腐入りフォー

posted :
 今回の宿もレストランは無いので、朝食のフォー探しにゴー。春爺、あくまでもローカルグルメにこだわります。この付近はローカル食堂が沢山あるので楽しみ、とりあえず人の多いすぐ近くのお店に入り適当に注文(片言のベトナム語と身振り手振り)。ベトナム特有の低いテーブルとイスについて待っていると、出てきたフォー

▼続きはこちらから

ダナン総合理容(美容?)室

posted :
 事務所の掃除・整理整頓・片づけを早めに終えて、午後はLさん行きつけのはローカル床屋で散髪。ベトナムは床屋の数が多いようで、何処にでも有る感じ。自分の目的はカットより(あまり豊富ではないし)、さっぱりすっきり、爽快な耳掃除です。  太さや先端の形が違う複数の耳かきで、耳の穴にライトを当てながら自分で

▼続きはこちらから

ダナンへ、今回も格安旅

posted :
 約2ヶ月ぶりのベトナム、いつものダナン。3ケ月滞在のダナンアパート生活を開始したのもちょうど一年前のこの時期でした。今思うと、無謀なトライだったかな?と正直恐ろしさもこみあげますけど、この1年間なんとかモチベーションが維持できました。今回の10日間の生活も、仕事と食事(飲酒)、現地スタッフや市井の

▼続きはこちらから

帰国します

posted :
9泊10日の格安ホテル滞在の旅も今日で終わりです。ホテル従業員の皆とも仲良くできましたし、あちこちで親切にしてもらい、最高に居心地の良い10日間でした。。感謝、感謝です。また、ダナンの一番寒い季節も体験出来て、貴重な経験でもありました。自分は 幸せ、幸せです。  最後の日曜日、完全オフでノンビリです

▼続きはこちらから

市場ヤバイ!

posted :
 ホテル近くのローカル市場発見(Lさんに教え得てもらいました)。自分は、観光客の多い繁華街よりも、地元色の濃い、ディープな裏町路地へまっしぐら、特に買うものはありませんが、この雑沓が大好きなんです。夕方の買い物客で大賑わいでした。 カメラ片手の自分の服装は、外国人(多分韓国人に見られている、ダナンは

▼続きはこちらから

寒い!

posted :
どんより曇ってる上に風が強いので、とても寒い。日本から着てきたジャケットやダウンがとても役にたっています。こちらに到着した1月27日に遭遇した、ベトナム国旗を振り回して、集団でバイクを乗り回す光景の理由が分かりました。サッカーU23アジア杯の決勝戦だったそうです。どこのカフェもレストランもテレビ観戦

▼続きはこちらから

旧正月(テト)前の宴たけなわ

posted :
今年のベトナムのテト(日本流に言えば旧正月、中国では春節。毎年日程は変わります)は、2月15日~20日。日本で言う大晦日は14日。そして昨夜は工場の大パーティに参加させてもらいました。これからの1週間は毎晩あちこちで宴会が開かれます‥日本の忘年会に近い?。 本日は午前中からライトアップ等パーティの準

▼続きはこちらから

バイクで走れば幸せ

posted :
ホテルから工場への通勤、複数のロータリー(日本では少ないですね、当然信号無し!)、信号のない普通の交差点をすり抜けての、スリル満点のハン川(大河)越えの15分です。。右側通行にもかなり慣れましたが、両サイドからの車・オートバイの群は辟易です。相手とぶつからないような微妙なタイミング、コツが必要で、遠

▼続きはこちらから

起床ラッパ

posted :
 普段から早起きですが、時差のあるベトナム(2時間、日本の朝5時はこちらで3時)では、軍隊の起床ラッパ(朝5時)とその前兆の「コケコッコー」でさわやかな目覚めを楽しんでます。路地に入ると一時放し飼いのニワトリや、常時放し飼いのイヌがうろついてたりで、ちょっと怖かったのですが、今のところセーフです。

▼続きはこちらから

朝飯はフォーに限る

posted :
 ホテルから徒歩5分の処にフォーのお店見つけました。ベトナムでの朝飯はこれです(キッパリ!)。地元の方たち向けの小さなお店ですが、鳥肉と多めの生野菜の入った薄味、旨い。今回の旅の朝食はここで決定!浮気しません(キッパリ!)。値段は150円、このお店のおばちゃんとも仲良くなれそうです。 パートナーの整

▼続きはこちらから

半袖じゃ寒い

posted :
すっきりしない天気(20~23℃)雨模様、強風。橋上のスクーターは、蛇行運転になっちゃいました(チョット恐かった)。 肌寒くて長袖が必要なこの時期は、観光には不向き、ベトナムは夏の猛暑が1番!と感じた春爺でした。 アップは昨日の夕方、浜辺で見た「法輪大法」の、海に向かって座禅をしていたグループ。ネッ

▼続きはこちらから

激安ホテル 1泊 千円也

posted :
今宵の宿賃 一泊千円也、9泊します(笑)。 ほぼ曇り、たまに雨、お日さま不在のオフシーズン故の価格と思いますが、ホテル住まい(もちろん個室ですべて揃っています)外食でも1か月五万円で生活できるかもしれません。到着前は不安もありましたが、対応(英語のみ)、広さ(15㎡)、エアコン、WiFi,シャワー、

▼続きはこちらから

久しぶりのベトナムへ、心ウキウキ。

posted :
久しぶりのベトナム、ダナン、しかも初体験のLCC:格安航空券(JETSTAR)、関空⇔ダナン直行便9日間の旅です。以前は成田からの直行便(ベトナム航空)でしたが、当便(ジェットスターパシフィック:関西空港からの出発)のほうが 安い、早い(関空のほうがベトナムに近い)快適(石本談)と3拍子揃いでチョ

▼続きはこちらから

10/4帰国します

posted :
 あっという間に過ぎた今回の滞在も、もう少し。今日は日曜日、一日かけてのんびりと帰国の準備です。ほんの少しですが、ベトナムのことが解って来たのかなと言う感じ。下宿ホテルも快適で、ストレスも殆どなく過ごすことができました。 社会主義国ベトナム、いろんな顔のベトナム、それらを全部受け入れ、消化して前に少

▼続きはこちらから

ミーケービーチ散策

posted :
 ダナンにはいくつもの綺麗なビーチがありますが、高級リゾートホテルのプライベートビーチを別にすると、ここ「ミーケービーチ」は誰でも気軽に行ける最高のエリアです。アメリカの経済誌フォーブスで"世界で最も魅力的なビーチの1つ"にも選ばれていて、理屈抜きに旅行者には必見のエリアです。  綺麗な砂浜と青い海

▼続きはこちらから

チョイ高CAFEと激安肉飯

posted :
初めの2カットは、工場の近くに新しく出来たカフェ、L君とのミーティングはここで行います。エアコンもWi-Fiも快適、飲み物は200円前後(マンゴジュースとか)、客もチャンとした服装の人達が多いようです(半ズボン/Tシャツは自分らだけ)。店員さんともすっかり顔なじみになり、笑顔のサービス、居心地満点で

▼続きはこちらから

またまたロッテマート

posted :
 春爺お気に入りの"ロッテマート",再々登場。街中からは、タクシーで10分~15分位、ミーケビーチ沿いからもほぼ同じ距離、郊外に位置する韓国系スーパーです。1階はケンタッキーやロッテリア、服飾品やちょっとしたお土産屋さん等。2階は改装中で、本屋さんだけオープン。3階と4階がスーパー部門で、食品、生活

▼続きはこちらから

徘徊、春爺

posted :
オートバイでチョロチョロとダナンの町を走っていると、色んな光景に出くわします。そんな時は、春爺気軽に止まって、近づき見つめたり、観察。ニッコリほほ笑みながら、フレンドリーに近づいていくのがコツです。大抵の場合、相手もニッコリしてくれます。笑顔の可愛い女の子(22歳)、工場近くの市場のヤシノ実ジュース

▼続きはこちらから

豪華ベトナムランチ

posted :
 今日のランチは、チョットだけ贅沢に【ベトナム料理レストラン「アプサラ」】で。外観はミニミーソン遺跡のような豪華な造り、味は日本人好みのベトナム料理に仕上がっています。200以上あるメニューは全部、写真と日本語付きで、指差し注文OK。場所も、ダナン街中ですぐ探せます。"車海老蒸し焼き(1,100円)

▼続きはこちらから

ベジタリアンになります、多分?

posted :
 1Fの大衆食堂、やはりベジタリアン飯屋でした。イギリス人の客によると、ネットで知り、訪ねて来たとのこと、有名な店でハノイにもさらに大規模の同名レストランもあるそうです。L君に確認してはいましたが、改めて肉食の春爺もベジタリアンに変身?しそうです。何時もの夕食(150円)の献立ですが、野菜の煮付け風

▼続きはこちらから

寺と月餅

posted :
街中の貴金属店(T師匠に教えて貰いました)の両替レートは10,000円で約2,020,000ドン(1ドル=110円の時)、破格です。両替後、懐が豊かになったので付近を散策。 宗教計観光地「カオダイ寺」、カオダイ教は、仏教、キリスト教、イスラム教の三教に加え、儒教と道教を合わせた計5つの宗教を摸範と

▼続きはこちらから

寛ぐ

posted :
ここベトナムでは、バイクで大荷物を運んでいます。日本でもリヤカーをけん引、バイクや自転車で荷物を運んでいた時代もありましたが、こちらは直積みか後部座席の人が抱えてます。自分、バイク運転中、特に風の強い日は、この手のバイクの近くには決して近寄りません。 とても暑い、ダナンでの昼休み(1.5~2時間)は

▼続きはこちらから

アジアパーク(遊園地)

posted :
 ダナンの唯一の遊園地「アジアパーク」に行ってみました。2014年7月にオープンした、アジア各国の雰囲気を味わえるテーマパーク。様々なアトラクションが揃っていますが、注目は大きな観覧車(サンホイール)、実は滋賀県のびわ湖タワーから移設されたもので、現在はダナンのシンボル的存在となっています。  この

▼続きはこちらから

地元の市場

posted :
 今日は日曜日で完全オフ、出かける予定も無し。毎朝オバチャンに発音を直されるフォーを飽きもせず美味しく食べ、洗濯、ブログ作成、L君からの日本語意味の問い合わせメール返信等で午前中は終了。遅いランチの後は、PCでローカル市場探しに没頭。そして見つけました。距離はのんびり歩いて25分位の所です。迷わない

▼続きはこちらから

新しいスーパーマーケット発見

posted :
土曜日の午後、Googleマップで滞在地付近を確認していたら、割と近くにスーパーマーケットが有るのを発見。さっそく行って見ました。建物を見つけ、まずオートバイの駐車場を探し、ワクワクしながら入ってみました。 名前は「MM Mega Market」でした。2002年にベトナムに参入し、全国で19店舗の

▼続きはこちらから

ホテルの大衆食堂は美味しかった

posted :
 昨日の朝から降り続く大雨の中、ポンチョ&バイクで工場へは行きました。幸いなことに、宿の1階が大衆食堂なので、雨の中、外出無しで過ごせるのが何よりです。朝食はフォーと春巻きでおよそ100円、ボリュームのある昼食は150円、自分好みの味。昨夜の夕食は大雨のせい?で貸し切り状態、石本氏の置いて行った「黒

▼続きはこちらから

再度のダナン

posted :
 春爺のベトナム生活、再開しました。郊外の下宿風なホテル(1階が大衆食堂、2階が自分の部屋)が今回の宿。エアコン、快適なWi-Fi、洗濯機(共同)、しかも朝食付き。2つのシャワー/トイレ室は共同ですが、客は自分だけ(全3室、自分の部屋はシングルルーム、他の2部屋は4~5名泊まれる)ですので、当面は専

▼続きはこちらから

春さん、再びベトナム ダナンへ

posted :
ベトナム/ダナンから7月1日に帰国し、タップリ充電した"仏の春さん"が、9月6日に再びダナンへと旅立ちます。  今回は、工場から徒歩10分のホテルで1か月の滞在。エアコンを含む光熱費/朝飯付きで月3万円弱のとても快適な日々が、パワーアップした春さんを待っています。前回のアパート暮らし(繁華街で、家賃

▼続きはこちらから

帰国前の挨拶

posted :
直径35mの蓮華座の上に立つ、高さ67mの白い巨大な観音像。ダナン市街地の西北ソンチャ半島にあるソンウン寺です。オートバイで走っていると、いつでも目に入ります。名所旧跡の観光はパスする事がほとんどの自分ですが、今回は、ダナンのパワースポットでもある当所には必ず訪れようと決めていました。大過なく過ごせ

▼続きはこちらから

今週帰国します

posted :
 今週は気温が下がって、といっても35℃位ですが、凌ぎやすいカンジがします。8時30分過ぎ工場に着き、ワーカー達と軽い挨拶の後、受け持ち部署の整理、掃除、ビニールシート掛け(とにかくホコリが凄いのです!)に没頭しました。工場はいつものように、オーバーホールのエンジンの分解部品がそこら一杯散らかり、リ

▼続きはこちらから

露店は儲かる?

posted :
何回か紹介したミークワン(ダナン名物のきしめん風)、最近見つけて気に入ってる露店飯屋のものです。上に載ってるウズラの卵と小エビがとても美味、70円です。ここダナンには、この様な空き地に簡易テントを張って商売をしている人がメチャ多いようです。なぜだか?、メッチャ稼げるからです。今朝もは8時30分頃寄っ

▼続きはこちらから

自炊もしたくなった

posted :
 ロッテマートの野菜売り場で「ゴーヤ」らしき物を発見!。自分は料理好き、と言っても酒のツマミ程度ですが、中でもゴーヤチャンプルは得意料理のひとつです。「あ~~ガッチリ苦味の利いたゴーヤチャンプル食いテー」と腹の底から思いました。豆腐、豚肉、ナス、玉ねぎも売っているし、お気に入りのタレはありませんが、

▼続きはこちらから

釣りもできます

posted :
 ダナンでの滞在も2ケ月が過ぎ、帰国まで2週間を切りました。この2か月を振り返ると、何故か1年もここで生活していたかのような、奇妙な感覚に囚われます。苦痛だったとか、シンドかった(暑さは大変でした)という感覚とは違うのですが、ものすごく時間が長く過ぎたような感じです。良く解りません。間もなく孫達、ネ

▼続きはこちらから

家計簿

posted :
 今週もメッチャ暑かった。予報ではしばらくこの暑さ(38℃以上)が続くとのこと、熱中症には要注意!、ここダナンでは6月が一番暑い月だそうです(T師匠談)。 今回の滞在(4/18~7/1)も残り少なくなってきました。そこで、「1か月5万円で暮す」の家計簿を簡単に披露させていただきます。 ビザの取得費用

▼続きはこちらから

災難もあります

posted :
 今日は朝から災難の連続でした。業務報告を日本に送付完了で、さて出かけようとしたら、部屋のドアーが開きません。内からも、外からもロックできるタイプのカギが、何かのの拍子に外からロックされてしまったようです。困り果ててT師匠に電話、大家さんへの伝言を頼みましたが、全然来ないので、T師匠自らヘルプに来て

▼続きはこちらから

フルーツ大好き、ベトナムも大好き

posted :
今日もベトナムの果物を絶賛します。この国は南北に細長い国なので、地域によってかなり気候が違います。南部(ホーチミン)は年間を通じて熱帯モンスーン気候、北部(ハノイ)は四季のような変化がある亜熱帯気候、そしてここダナン(中部)は、5~8月は亜熱帯の暑さで9~1月は雨期です。その中部から北部の山岳地帯(

▼続きはこちらから

雑談

posted :
今日は日曜日、ネットの天気予報ですと最高気温は35℃位のようです。朝8時、L君を誘って、10時頃までコーヒータイムでした。L君は息子と同じ世代のとても良い若者です。IT関係の仕事をしていますが、日本語も上手ですので、ここベトナムでのオタスケマンの一人です。自分のベトナム語の先生になってくれれば、また

▼続きはこちらから

CAFE

posted :
ベトナムにはいろんなタイプのカフェがあり、その数もとても多いようです。路上(歩道)にイスとテーブルを置いただけのローカルカフェでは、一日中暇を持て余している?人たち(主に男)の姿が目に付きます。最もポピュラーなコーヒーは、挽いた豆とお湯の入った抽出器具(写真)を、グラスの上に乗せた形で出されてきます

▼続きはこちらから

一寸法師の舟?

posted :
 週間天気予報通り、昨日と今日は気温33℃でとても涼しい?、過ごし易さです。  お椀型の舟発見!。此処、ダナンには多くの漁港があって、漁船の周りには必ずこの渡し船があります。遠浅のダナンの海では、漁船が岸壁に横付けできないので、このお椀の舟が必需品になっているようです。竹を編んで、松ヤニを塗った簡単

▼続きはこちらから

床屋に行きました

posted :
 この暑いのに、ベトナムの女性ってオートバイに乗る時って、物凄い厚着をしているんですよ。アップを見て下さい。男性も長袖のジャージを着て運転している人が多いです。日焼け対策と紫外線を気にしての完全防備の厚着をしているんだと思いますけど。パーカー付きの長袖を着用、サングラス、マスク、下半身にはアームカバ

▼続きはこちらから

再び、チョー暑い!

posted :
今日は土曜日、昨日の疲れを取るために休みです。とにかく暑い、日中の日射し、モアーーと来る熱気が凄過ぎます。予報ですと、来週の水曜日頃からは33℃位に下がる様ですけど、ここ2、3日は40度を超えてると思います。そんな訳で、涼しい朝のうちに雑用等を済ませて、9時頃からはクーラーが効いていると思われる「ダ

▼続きはこちらから

とにかく暑い

posted :
 昨日は、我ながらよく働きました。体をちょっと動かすだけで、汗が噴き出す暑さの中、作業に没頭。ちょっとヤバイかな?とシャッターを閉めてクーラーをいれました。はーヤレヤレ、やっと涼しくなり、作業場の温湿度計を見ると、それでも気温35℃:湿度50%。外に出てみると、ムットした暑さでで目が眩むほど、外気温

▼続きはこちらから

ベトナムのフルーツ

posted :
 今週初めは、雨、曇り模様であまり暑くなかったんですけど今日はうだるような暑さでした。工場の方は掃除、金曜日の仕事を確認してから、昼前にチラシ配りに出発です。住宅地に駐車してある高級車を中心に、配りました。配るといってもフロントガラスに挟む方式の配布ですけど。ランチ後、ミケビーチを回ってチェックしま

▼続きはこちらから

バイクは必需品

posted :
 ベトナムに来て、バイクの洪水には改めて驚かされましたが、その中で生活している人たちにとっては(自分も1か月以上居るので、その中の一人)、バイク(スクタータイプがほとんで、ギアタイプのオートバイは少ない)は必需品です。バスは少なくタクシーは高い。交通渋滞も多い現況では、必然ベストな移動手段はバイクと

▼続きはこちらから

普段の食事

posted :
 代り映えしませんが、最近の食生活をのアップです。1か月以上の滞在で、段々と自分に合う食べ物に偏ってきました。例によって、アパート前の露店での朝食、ベトナム風ウドンとフランスパン(バインミー)。ウドンはかなり癖のあるベトナム味で、赤唐辛子のスライスを入れ(グリーンレモンを絞って入れるひとも多い)、硬

▼続きはこちらから

ハン市場

posted :
 ダナンには有名な大きな市場が二つあります。観光客が多く訪れる「ハン市場」と地元の台所として最大規模を誇る「コン市場」です。走っているとこれ以外にも、小さな市場は沢山見かけます。一度は訪れようと思っていたハン市場に今日やっと行ってきました。場所はビックシーがテナントで入っている、ビンチュンプラザの建

▼続きはこちらから

硬いはなし

posted :
ベトナムについて簡単に説明しますね。アップした地図を見て下さい。インドシナ半島の東側の海に面した南北に細長い国土で、北は中国に接する首都ハノイ、中部は自分の滞在中のダナン、そして南はホーチミン(旧サイゴン)の有名な都市があります。中国、ラオス、カンボジア、タイと国境を接しています。1976年の南北統

▼続きはこちらから

200円ショップ

posted :
 ダナン市にはスーパーマーケットがいくつかあります。ロッテマート、ビンコムはもう紹介しましたが、今日は「Big C:ビックシー」に行きました。ネット情報によると、ダナン初のスーパーマーケットで現地の人で賑わうローカル色の強い店との事です。アパートからバイクで約10分、向いにはダナン市民も利用するハン

▼続きはこちらから

教会

posted :
今日は土曜日、T師匠と何時ものコーヒータイムで二軒はしごで11時頃まで過ごしました。今夜は一年に一度のハン川での大花火大会だそうで、一緒に見に行く約束もしました。誘ってくださって大感謝です。腹の調子も良くなったので前から行こうと思っていた「ダナン大聖堂」に行きました。フランス統治時代の1923年に建

▼続きはこちらから

オートバイ社会

posted :
 お腹の具合がイマイチなので、工場で掃除を済ませて昼前にアパートに戻りました。T師匠から昼頃久しぶりの電話が有り、報告すると「ヒドイようなら病院紹介するから」と有り難いお気遣いを頂きました。ベトナム人のR・N君でも、時には物凄い腹痛になって病院のお世話になることもあると聞かされていたので、用心、用心

▼続きはこちらから

今日は働きました

posted :
 昨日の夕食は自炊というかアパートで頂きました。急の仕事で午後5時まで工場で作業し、久しぶりの充実感と疲れのなか、帰りにロッテマートで惣菜とインスタント食品・青いバナナ、コンビニで冷えたビール2本も買いました。夕方は、惣菜が手頃の値段、少量パックで沢山出ていました。この中で真ん中の右のキムチが超クー

▼続きはこちらから

インドとラインで繋がった

posted :
 インドに単身赴任中の長男とラインで繋がりました。仕事オンリイ?の3年強の現地出向で頑張ってるようです。私‥「今までの人生の垢落とししてます。ローカルで生きながら、夢を追ってます」⇒息子‥「ベトナム満喫してそうでなによりです。体調には気をつけて楽しんでください」。親父と息子の会話って、これで終わり。

▼続きはこちらから

流し?と海でくつろぐ

posted :
 今日もアウトドアーの激安夕食、先日の同様店の隣の店です。N君、T師匠と3人、何気なく眺めていると前の道路に観光バスが2台止まり、韓国か中国の観光客がぞろぞろとホテルのレストランに流れて行きました。意味はないですけど、そのバスアップしますね。ここで飲んでいると、物売りががいっぱい来ます。パックしたカ

▼続きはこちらから

焼肉レストランと夜景

posted :
 今日の夕食は、焼き肉屋:「12BB」さんです。まだ観光ガイドには載っていないお店で、日本人の若い方が経営しています。ミケビーチ沿いの少し路地に入った静かな場所で、スタイルは炭火七輪で焼く日本風です。たれの味も日本味で、値段もほぼローカルの良心的なお店です。最近知り合った、もう一人のI師匠にT師匠、

▼続きはこちらから

火傷しました。

posted :
 今朝は普通のブレックファースト。T師匠と仕事に行く途中に寄りました。池には錦鯉も泳いでいますけど、観光客は来ないローカルなんです。まだアップはしてませんけど、こんな雰囲気の喫茶店は数か所行きましたが、持ち込みOK?、弁当広げて食べてるお客さんもいました。日本人の自分には真似できない部分です。T師匠

▼続きはこちらから

アウトドアの夕食は安くて旨かった

posted :
 ベトナムのあらゆる事を学習中の春爺(自分です)は多感で、すぐ人を信用しちゃうのでベトナムの友達はマジで「危ない・危ない」と何時も発してくれています。超ローカルの中での生活を体験している自分にとって、日本人のT師匠、ベトナム人の友達の保護を何時も感謝しています。Cám ơn.(ありがとうございます)

▼続きはこちらから

ダナンはキレイな町です。

posted :
食事のときにカルチャーショック(チョット大袈裟?)を受けたのが、ローカル(現地の人)が集まる大衆食堂での喰い散らかし。ゴミをテーブルの下にどんどん捨てちゃうんです。上品な観光ツアーでは絶対遭遇しないと思いますが、自分が大好きなベトナム風マナー?です。そして、溜まると店員を呼んで掃除させます。もし、ゴ

▼続きはこちらから

市庁舎

posted :
昨夜は酷暑(日中:33度)とベトナム生活での精神面での消化不良?で、よく眠れませんでした。 そんな寝不足気味の朝食は胃に優しい豆乳と揚げパン、100円位でした。何故か、「ベトナムって基本は中国だよな」とか考えながら食べました。少し違うのは、中国よりは居心地の良い開放感が有るんじゃないかと、昔は国の半

▼続きはこちらから

洗車等

posted :
自分のこちらでの役目(仕事)は自動車関連ですので、バイク・自動車洗車専門店が自然 目に付きます。小さな個人規模のバイク修理店・タイヤ交換店もメチャ多いです。自分で洗車する人は少なくホコリが多いので、頻繁に洗車場に行く人がいるみたいです。料金は大きさにもよりますが、自動車で1,000円以下、バイクで1

▼続きはこちらから

ダナンのショッピングモール(2)

posted :
この国はグローバル化とIT化の中で、ゆっくりと成長するわけにはいかないようで、其処ら其処らに「いびつ」な状況が目に付きます。国民の年齢別も20代人口割合が高く(高度成長期の1970年の日本と同じよう)若者のの多い国でもあります。平均年齢も30歳位で、街中は若い人たちのエネルギーで充満しています。 液

▼続きはこちらから

スイートルーム公開

posted :
 痒みを感じて、目が覚めました、蚊?。耳を澄ますと、微かにブ~~ン。ネットで調べると、ベトナムではか蚊取り線香は必需品!、大家さんの貸してくれた蚊帳をさっそく使うことになりました(とても親切な大家さん、足を向けて寝れません!)。自分世代?にはとても懐かしい古き良き昭和の遺物?が役に立ちました。  自

▼続きはこちらから

100円のお弁当

posted :
 朝早くから小雨模様。こちらに来てから二週間弱、今日は土曜日でもあるし、のんびりします。雨が上がれば、昼から遠出散歩でハン市場付近まで行ってみようと思ってます‣・マップを見ながら。寛げそうなカフェが有ったら、演歌は流れてないでしょうけど、入ってみたいとか・・・・。 昨日のランチは、工場の人達が何時も

▼続きはこちらから

ダナン市

posted :
 滞在地「ダナン」は、ベトナム中部最大の商業都市で古くから東西交易の中継地として栄えました。その中心地はコンパクトで、ダナン国際空港からどこへ行くのもバイクで30分以内位です。(自分の感覚ですが) またバイクで40分ほどで世界遺産の観光地ホイアン、車で2時間強でフエ(ベトナム戦争激戦地、ベトナム最後

▼続きはこちらから

ホームセンターが欲しい

posted :
 朝飯はアパートの前、徒歩1分以内。なんとなくウドンで、汁はベトナム味?で魚の具がとても美味。レシートを呉れるような店(屋台)ではないので、いくらだったかハッキリしないのですが、¥150(30,000ドン)位だったような。イマイチ金銭感覚が身に着きません。 周りの朝の様子です。  朝の出勤は混雑し

▼続きはこちらから

今日はビーチを回って帰りました

posted :
工場への往復もかなり慣れてきました。方向感覚には自信があったんですが、ダナンでは日本の様にはいきません。たぶんベトナム風の目印(建物とか看板)が自分にはうまくインプット出来ないんですね。 今日は、チョット遠回りしてビーチに寄り道しながら帰りました。リゾートホテル、オシャレナなカフェやレストランの立ち

▼続きはこちらから

今週は一人で生きてみます

posted :
こちらでの師匠Tさんは4日間の休日で雲隠れ。良い機会なので、自力で頑張ります。 本日は朝イチからスクーターで工場へ、事務所と作業場の掃除。現場を日本仕様の綺麗な工場にするのが当面の仕事です。ローカルに、自分の仕事(と言ってもお手伝い)の価値を理解してもらえるかなー?こちらの現場の人たちは、業務の中に

▼続きはこちらから

アパート生活の一日目スタートしました

posted :
一番の必需品、これから自分の足になるオートバイの紹介。右側通行、オートバイだらけ(金持ちの高級車もたくさん)、でも大丈夫です、少し慣れました。 アップした写真は、朝食を食べに行ったローカルレベルのお店の前です。150円位でした。 その後、街角の喫茶店でくつろぎながら、N君にベトナム語の超超難しい発音

▼続きはこちらから

いよいよスタートしました

posted :
初めまして、仏の春です。近くのパワースポット「事任八幡宮」で神頼みも済ませ,スタートしました。 当分は、居候するお店(工場)に半日、後の半日は、生活空間・オートバイでの走り・地理感覚・アパート暮らしに慣れるために使います。 ここ2~3日の食事と、周りの風景をアップしますので、挨拶代りに見てください。

▼続きはこちらから

明日、いよいよ出発です。

posted :
近くの事任八幡宮で一応、神頼みを済ませました。モチベーションのアップは、憧れのベトナムの景色です。

▼続きはこちらから