普段の食事 posted:

 代り映えしませんが、最近の食生活をのアップです。1か月以上の滞在で、段々と自分に合う食べ物に偏ってきました。例によって、アパート前の露店での朝食、ベトナム風ウドンとフランスパン(バインミー)。ウドンはかなり癖のあるベトナム味で、赤唐辛子のスライスを入れ(グリーンレモンを絞って入れるひとも多い)、硬いフランスパンをちぎって汁に漬けてふやかして食べてます。魚や豚とネギ・さつま揚げ等の具が入っていて栄養満点、美味しいです。値段ですけど、実際は65円でした。安い理由は、このエリアはクリスチャンの住民が多く、貧しい人にも食を与える精神から、昔のままの値段をキープしているとのことです。これも、T師匠から教えて頂きました。だからか、寛容心があるのか、よそ者の自分も受け入れてもらっているんだと思います。それと、T師匠のこちらでの信頼度による影響も大きいです。感謝、感謝です。

 最近お気に入りのお惣菜での夕食のアップ。自分は65才過ぎの年配者ですが、肉と酒が好きなので、これがベストな組み合わせです。実際は映ってませんけど、マンゴーも一緒に頂きました。下の果物はレイシ(ライチ)です。値段はどちらもビール込みで、合計で450円位、暫くはこのパターンでいきます。

人物写真はホーチミン廊での春爺(昨年)、なんか有りましたので恥ずかしながらアップさせて頂きました。ハン川、今日は水の濁りが薄れてきたように感じます。あと1か月の滞在、仕事も残っていますので、気合を入れなおして頑張ります。それにしても暑い、熱い!